清潭洞・無二

    mnmnmn01.jpg

    ご縁をいただき、清潭洞にオープンした懐石料理「無二」のロゴを池多亜沙子が揮毫しました。菊乃井で修行された韓国人料理人による、本格的で美しい、日本の料理を堪能できます。
    https://instagram.com/washoku_muni

    mnmnmn02.jpg
    mnmnmn03.jpg

    細部にまでこだわりの詰まった料理を堪能し、数時間で日本を往復してきたような不思議な気分になりました。


    今月の雨乃日珈琲店だよりは

    「雨乃日珈琲店だより」の17回目が北陸中日新聞に掲載されました(毎月第4土曜の連載です)。このブログでは本文で触れている、世界各地にある日本人運営のナイスなお店を紹介したいと思います。

    resizebkbb.jpg
    バンコクの「ブルースバー」についてはここでも紹介しました。コリアンタウンにあるのも最高です。

    シェムリアップの「横浜」は、私たちが訪れた時とはお店に立っている方が違うようですが、在住日本人のたまり場という雰囲気で楽しかったです。カンボジアで起きた事件の数々を聞き、現地に在住している気分を味わいました。

    IMG4529skd.jpg
    エレバンの「櫻田」は、在留邦人数がたったの27人(2017年10月)というアルメニアにある、本格日本料理の店です。そんな常識外れなお店の、店主の話が面白くないはずありません。

    錦山

    nj0000.jpg
    高麗人参屋ばかりが並ぶ町

    執筆業の方の仕事で、特産品の高麗人参を全面に押し出す町・錦山(クムサン)に行ってきました。中心地は徒歩で見て回れるほどの小さな町なのですが、町おこしにかける役場の意気込みと投資が半端なく、他の町にはない活気がありました。

    nj0001.jpg
    町中の高麗人参食堂にて。揚げたてのぶっとい高麗人参を、甘い紅参ソースにつけていただく。お酒はもちろん高麗人参マッコリ。天国ですか

    その原稿(前半後半)には書かなかったのですが、若い人たちが集まる場所があると観光案内所で聞き、立ち寄ってみました。場所は錦山シネマの裏。古い市場をリモデリングした「青年モール」という通りには、町の支援により若い起業家が手掛ける今っぽいショップたちが並んでいました。

    nj0003.jpg
    nj0002.jpg

    そのなかのひとつ「チョ社長コーヒー」に立ち寄ってみました。焙煎も行う本格的なコーヒー店で、店長は若い男性です。
    お年寄りの多いこの小さな町で、若い人がどのような暮らしをしているのか気になり、話を聞いてみました。彼は昨年お店をオープンしたそうですが、何と錦山に住んでいたわけではなく別の町の出身で、その前は弘大の某有名カフェで働いていたそう。たまに弘大のインディ―ミュージシャンを錦山に呼んで、お店でライブをしてもらっているのだとか。ソウルばかりでなく、地方にも面白い若者がいるものだなと嬉しくなりました。

    錦山、なかなか楽しい所ですので、ぜひ一度訪れてみてください。私もまた行くと思います。

    ルルララ

    4月第4土曜の北陸中日新聞『雨乃日珈琲店だより』は、3月に営業を終えてしまったカフェ「一杯のルルララ」について書きました。
    https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201904/CK2019042702000216.html

    rlrrlr01.jpg
    12月末から始まった10周年イベント「45日間のインディ旅行」

    rlrrlr02.jpg
    WEDANCE7時間ライブ中

    rlrrlr03.jpg
    3月末日の営業最終日

    rlrrlr04.jpg

    鍵をなくした

    先日、バス・タクシーと乗り継いで店に戻ってきた際、どこかで鍵をなくしたことに気が付きました。タクシーならば領収書に車の番号が書いてあり、タクシー会社に連絡すれば何とかなるものですが、困ったことに(韓国の皆がそうするように)カードでぱっと支払い領収書をもらいませんでした。これは困った。

    しかしいろんなところに電話してみたところ、「ティーマネー顧客センター(1644-0088)」に電話すれば、カードの利用履歴から乗車したタクシーやバスのナンバーがわかるというのです。ティーマネー機能のない、ただの現金カード(デビットカードのようなもの)だったのですが大丈夫なのでしょうか?

    疑心暗鬼ながら電話をかけ、案内通りにカード番号や利用日などを入力したところ、見事に車のナンバーが判明しました。これは凄いシステムです。これなら確かにみんな、現金ではなくカードを使うわけです。

    幸い、鍵はバスで落としたことが判明。バス会社の人から「キーホルダーの特徴は?」と言われて少し言葉がつまりましたが、私のものだと分かり、バスの車庫があるソウルの果てまで出かけてきました。事務所に行き、机に座っていたおじさんに「鍵をなくしたのですが…」と言うと、キーホルダーの特徴など何も聞かず、机の上に置いてあった私の鍵の束をめんどくさそうによこしてくれました。皆さんも、誤解を受けそうなキーホルダーは落とさないほうがいいと思いますよ。

    kh02.jpg


    kh01.jpg


    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    表示中の記事
    ←前 →次
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する