二三味珈琲

    DSC_1985.jpg

    当店では、日本の職人ならではの繊細な味のロースティング豆を韓国に紹介したく、日本で全国的にファンを集める二三味(にざみ)珈琲の豆を取り寄せ、提供しております。僕も韓国に来る前から愛飲しているファンのひとりなのですが、このお正月、二三味さんご一家が韓国の当店まで遊びに来てくれました。

    これはなんというか、好きな曲のミュージシャンが家にやってきたぐらいの、好きな国の大統領が家にやってきたくらいの(?)、大変に光栄なことであります。焙煎士である二三味葉子さんは、ふたりのお子さんを持つお母さんで、ご主人やスタッフさんたちとともに、タクシーに乗ってさっそうと当店までやってきました。

    当店は珈琲屋なので珈琲をお出しするのですが、正直言って、がっちがちに緊張しました……。これは好きなミュージシャンの前で本人の曲を歌ったり、好きな大統領の前で(略)なのですが、ありがたいことにおかわりまでしていただき、ほっと胸をなでおろした次第です。

    翌日はちょうど定休日だったため、みなさんとご一緒に、蚤の市や広蔵市場、仁寺洞などをめぐりました。二三味さんのまっすぐな話され方や、元気な子供たちの姿に触れながら、二三味さんのが珈琲おいしい理由が、説明より深い部分で分かる気がしました。もちろん技術的な意味での理由は確実にあるのだけど(別の機会に紹介できたらと思います)、この人がつくるものにはまず嘘がないだろうなと感じました。

    DSC_1993.jpg 珠洲市内

    その焙煎所は、能登半島の端の珠洲市にあります。僕も珠洲にある直営カフェ(写真一番上)まで珈琲を飲みに行ったものですが、そこは自然にあふれ、気持ちがしんとなるほど静かで、観光でやってきた一見さんの目には、人間があるべき姿に戻れる、そんな素敵な場所のように感じました。もちろん生活している人にとっては、様々な苦労があるはずで、二三味さんも毎日が潮風との戦いだと話します。

    珈琲屋プロジェクトを始めて、生産者を知ること、知っている人から物を買うことは、本当に大事なことだと、強く感じるようになりました。
    二三味さんもきっと、いったい韓国でどういう人が、自分たちの手がけた珈琲を提供しているのか知りたかったのかもしれません。今度二三味さんが韓国に来た時は、その超うまい珈琲の生産者に会ってみたいという韓国のファンがたくさんいるよう、営業努力を続けたいと思いました。

    tencho

    DSC_2363.jpg
    お土産にいただいたエチオピアベースの贅沢なブレンド。お店で手がけているというお菓子も、珈琲とよくあいました。

    Trackback

    Trackback URL
    http://amenohicoffee.blog134.fc2.com/tb.php/54-0d436854

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    最新の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する