ソウル歴史博物館

    現在、ソウル歴史博物館で行われているふたつの企画展「88オリンピックとソウル」(10月14日まで)、「青年文化の開拓地・新村」(10月21日まで)が、小さいながらもなかなか見ごたえたっぷりでしたのでご紹介したいと思います。

    88op01.jpg
    1988年に行われたソウルオリンピックをキーワードに、歴史をひも解く内容です。オリンピックが韓国の経済発展に与えた影響(※1)を始め、文化の変遷や並行して進められた民主運動(※2)にまで言及しており流石です。

    ※1 選手村が後に居住用のアパートとして活用されるなど、ソウルオリンピックは生活インフラを向上させました。経済成長段階で開催されるオリンピックと、既に成熟した東京で行われるオリンピックの違いに思いを馳せます。

    ※2 ソウルオリンピックは朴正煕、全斗煥という独裁政権において推進されましたが、同時に民主化運動も激化し、開催直前の1987年に盧泰愚が民主化宣言を行います。

    88op02.jpg
    ソウルオリンピックのマスコット「ホドリ」もいっぱいでした。写真はホドリフォントです。

    88op03.jpg
    こちらはパラリンピックのマスコット「コムドリ」だそう。どこかせんとくん的ではあります。

    sctj01.jpg
    続いては当店のすぐ隣のエリアである、新村エリアの歴史を紐解く「青年文化の開拓地・新村」。個人的にもなじみ深いこの町が、どのような変遷を経てきたのかを興味深く見せてくれます。

    sctj02.jpg
    現在、現代百貨店がある場所には、1989年まで「新村市場」という伝統市場が入っていたようです(左写真、かつての市場の様子は1979年撮影)。現代百貨店の前身であるグレイス百貨店は1992年に誕生。現在まで建物に変化がないのは嬉しいですね。

    sctj03.jpg
    「新村派」ミュージシャンを紹介するコーナーも。学生街の新村は70年代末からアンダーグラウンドミュージシャンが数多く活動したそうで、「新村ブルース」「トゥルグッカ」などが新村のライブハウスで活動してきました。90年代末からその舞台は弘大に移ります。

    「青年文化の開拓地・新村」の展示図録は当店にも確保しておきましたので、展示を見逃した方はご利用ください。

    Trackback

    Trackback URL
    http://amenohicoffee.blog134.fc2.com/tb.php/318-6f6f923e

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    最新の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する