映画『バムソム海賊団 ソウル火の海』


    韓国国民の目の前に「金正日マンセー」が大写しに(※あの方とは同姓同名の別人のことを歌った曲だそうです)

    先週開催された全州国際映画祭にて、韓国インディー音楽ファンも北朝鮮マニアも起立拍手間違いない最高な映画『バムソム海賊団 ソウル火の海(Bamseom Pirates Seoul Inferno)』を観てきましたので、早速ご紹介したいと思います。

    ドラムのクォン・ヨンマンとベースのチャン・ソンゴンによる2人組バンド「バムソム海賊団」の活動を、2011年(映画『パーティー51』におけるトゥリバン闘争以降)から撮影したドキュメンタリー。大韓民国から北朝鮮、金持ちから貧乏人、社会問題から自分自身まで、あらゆるものをおちょくる天才的な歌詞と、突き抜けるほどパンクかつ時々へなちょこなライブパフォーマンス(民営化と称して観客に演奏させ、本人は見てるだけというシーンも……)が素晴らしい、彼らの魅力を前面に押し出した作品です。既にバンドはあっさり解散しているため、バムソム海賊団を体験できる貴重な資料ともなっています。

    監督は、韓国を揺るがした猟奇事件・至尊派事件(1993年)を中心に、聖水大橋や三豊百貨店の崩壊事故などの映像をコラージュし、90年代とそれに続く現代の韓国を浮き彫りにした映画『ノンフィクションダイアリー』で評価されるチョン・ユンソク。今回の作品でも、彼らがネタにする歴史的映像をふんだんにコラージュしたり、歌詞のテロップを(しかもしょぼいフォントで)挿入したりと、爆音のライブだけでは分かりにくいバムソム海賊団の世界を、監督ならではのアプローチで翻訳しようと試みます。強制撤去が迫る明洞のビルや立て籠もり中の大学構内など、デモの現場で演奏することの多かった彼らですが、この映画では運動家的な側面よりアーティストとしての存在感が際立っています。

    MCだけで実際のライブ映像をあえて使用しない展開も多く、そこはライブ観たいところなのに……とやきもきもするのですが、ライブ体験だけで彼らを理解したような気持ちになるのはまだ早いという、監督のメッセージがその表現にあるように思います。

    物語が進むにつれて、世間はバムソム海賊団をカテゴライズしようとします。左派なのか右派なのか? 音楽なのかパフォーマンスなのか? それは説明できない異物を排除しようとする韓国社会の姿とも言えます。一方、歌詞を担当するヨンマンは、カテゴライズされることをのらりくらりと拒否します。彼の機転の利いた発言の数々は、観ていて爽快なほどです。

    やがて物語は、彼らのレーベルオーナーである写真家パク・チョングンが、北朝鮮オフィシャルツイッターをネタでRTしまくったところ、国家保安法違反で拘束されてしまう事件(2012年)で急展開を迎えます。参考人としてヨンマンも出廷することになり、「北朝鮮を崇拝しているのか」「キムジョンイル万歳という歌は何なのか」と説明(カテゴライズ)を求められます。それらのやりとりがバカらしくもあり、いちいち最高です。

    バムソム海賊団という「面白い」の一言では語りつくせない男たちのパンク道中を、純粋に面白がりながら、表現することについて考えさせてくれる作品。これはぜひ日本でも(できれば爆音で)上映してほしい! 関係者の皆様よろしくお願いします。

    ※作品理解に監督へのインタビュー記事がだいぶ参考になりました。

    Trackback

    Trackback URL
    http://amenohicoffee.blog134.fc2.com/tb.php/256-d3860616

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    最新の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する