安養市カフェ「Abutpi」

    先日、妻が京都のとあるカフェを訪れたところ、その場にいあわせた女性のお客さんがカフェ好きの韓国人で、以来当店にもたびたび訪れてくれるように。話を聞くとソウルの方ではなく、京畿道・安養(アニャン)市からわざわざ弘大まで来ており、しかも安養でカフェを運営されているとのこと。安養という私の知らない町で、どのようなカフェを営んでいるのか気になり、8月に訪れてみました。安養はソウル駅から地下鉄1号線で約40分の位置にあり、遠いと言えば遠いし近いと言えば近い。

    abtp00.jpg

    目指すカフェ「Abutpi」(韓国語の発音だとオボトゥピになるようです)は、昔ながらの店が並ぶ下町エリアにありました。ところどころにおしゃれな店があり、小さな望遠洞を思わせます。

    abtp01.jpg
    abtp02.jpg

    古い住宅を改造し、ビンテージ家具が並ぶ「Abutpi」は、既に安養屈指の人気カフェとなっているよう。雰囲気のある空間と美味しいコーヒーに、思わず癒されました。このカフェはオーナーがひとりで切り盛り、しかも店内には皮工芸のスタジオもあり、時間のある時は作業もされるそうで、そのDIYなスタイルがかつての弘大の店っぽく、好感を持ちました。

    何よりこの店に出会えたことで、安養という知らない街にぐっと親近感が湧きました。カフェを訪れた後は近くの伝統市場や繁華街をぶらつき、繁華街の中に突然現れた日本統治時代の建物を見学しながら、この町の人々の生活に思いを馳せました。

    インスタ www.instagram.com/abutpi_cafe/


    執筆原稿のご案内

    毎月第4土曜、北陸中日新聞に連載中の雨乃日珈琲店だより、7月分はこちら(新聞ウェブサイト)でもご覧いただけます。清水が原稿、池多が書を担当しています。

    また、金沢出身の池多がコーディネーターとして関わった、韓国語の旅本『ある日には金沢』が、5月に韓国の書店で発売されました。韓国人エッセイストのイロさんが文、写真家モモミさんが写真を担当し、3人で金沢を歩いてつくりました。
    DDp5ZEVUAAuxxe.jpg

    8月15日に発売される、大阪発ローカルカルチャーマガジン『IN/SECTS』Vol.11にて、清水がお気軽なコラムを書きました(光栄です)。ぜひご覧下さい。
    insects11.jpg

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    2019年08月の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する