夢の鍾路5街

    歩いていてぐっとくるのは、今も昔もやはり鍾路です。クルミ菓子と不動産とレコードの店を出た後、少し歩くと韓国伝統茶の店があり、店の前に掲示されたメニューを見て愕然としました。

    sswh01.jpg
    普通の伝統茶ばかりでなく、ラテ・カプチーノ・スムージーを選ぶことができます。様々な生薬が入った、苦甘い「サンファ茶」のラテとか、全然想像がつきません。

    sswh02.jpg
    入り口に置いてあった素朴かつファンシーな手作りインテリアも気になりますが、ここは見なかったことにして入店してみます。

    sswh03.jpg
    もちろん「サンファラテ」を注文しました。妻が頼んだ普通の「サンファ茶」は、生薬が濃く元気が出そうな美味しさだったのですが、ではラテはどうでしょう。ひとくち飲んで衝撃を受けました。牛乳とサンファ茶、2層に分かれており全然混ざっておりません……! 味の方もまったくバラバラ、牛乳とサンファ茶を交互に飲むような味で、誰をターゲットにしたドリンクなのか全く理解できません。

    sswh04.jpg
    ふと店内を見ると、鏡の前にSMショーで使いそうな怪しげなマスクが置かれていました。これは何かと店員に聞くと、「観光客がコスプレして自撮りできるでしょ」とのこと。どんな浮かれた外国人が……と思いきや、私の次に訪れた韓国人カップルが、まるでアパレルショップで試着するかのように、鏡の前で自然に着用していました。

    魔の鍾路5街

    歩いていてぐっとくるのは、今も昔もやはり鍾路です。東大門市場に買い物に行く途中、鍾路5街でバスを降りたところ、とんでもない店にぶつかりました。

    fhr01.jpg
    クルミ菓子と不動産とレコードを販売するお店のようです。

    fhr02.jpg
    物件とともにレコードジャケットが並びます。

    fhr03.jpg
    店の前にはエサ箱(バーゲン品のLPを入れた、客寄せのための箱)も。

    ワンフロアの狭い店内には、不動産の商談をするのであろう応接セットがある一方で、窓際にはレコードや古道具が所狭しと並び、まるでおじいちゃんの家のよう。その横には仕切りもなくクルミ菓子を焼くブースがあり、香ばしい匂いを立てて菓子を焼いている奥さんに、レコードをチェックしていいか聞きました。サヌリム2集は4万ウォンでした。

    南椌椌さん

    雑誌『中くらいの友だち』にも執筆している同人ファミリーのひとり、南椌椌さんが当店を訪れてくれました。彼の最新作『雲知桃天使千体像』には、雨乃日珈琲店の名が登場します。うれしいですね!

    nmkk01.jpg
    行ったことがないお顔をしています。


    『雲知桃天使千体像』 南 椌椌、添田 康平

    チキンヘッド

    ckhd01.jpg
    ckhd02.jpg
    ckhd03.jpg

    北陸中日新聞の連載でも書きましたが、3月末、近所にあった行きつけのチキン屋「チキンヘッド」が閉店してしまいました。多くの人にぜひ食べてほしかったお店だったのですが、残念です。店主は今度は、江原道の観光地である、旌善(チョンソン)駅前で飲み屋をオープンするとのこと。近々訪れてレポートしたいと思います!

    ckhd04.jpg


    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    2018年05月の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する