【告知】12月3日 雨乃日コンサート#6

    1203amnh.jpg
    (クリックで拡大できます)

    雨乃日コンサート#6
    12月3日(土)20:15入場 20:30開演 当日券5,000W
    出演:野村和孝 (PWRFL power) さん

    PRODUCED BY CURLY SOL RECORDS & PDH

    いただきもの

    grfr.jpg
    はじめてお見えになられたお客様から、「珈琲がおいしかったから」というお手紙とともに、グレープフルーツをいただきました。韓国の方は、ちょっとしたことで贈り物をくださることが多く、もちろん形あるモノではなくても、こちらが提供する以上の何かを、返していただいているような気持ちになります。

    tencho

    取り扱いCDのご紹介

    DSC_0195.jpg
    2011年11月現在の取り扱いCDをご紹介いたします。
    左から、ふたつは日本発の作品。なお、前野健太さんのアイテムは完売いたしました。

    IKEBANA 『From Dusk Till Dusk』(Akichi records)
    ■ALFRED BEACH SANDAL 『ALFRED BEACH SANDAL』(鳥獣虫魚、流通:curly sol records)

    kimhasplit.jpg
    ■キム・イルドゥ + ハ・ホンジン 『34:03』(自主制作盤、企画:PDH)
    雨乃日珈琲店のライブをきっかけにであった二人のミュージシャンによるスプリットアルバム。釜山のパンクミュージシャン、キム・イルドゥによる哀切漂うフォークソングと、ソウルのブルースマン、ハ・ホンジンによるひりひりするようなブルースをコンパイル。当店で購入いただくと、日本語歌詞集がついてくる特典つきです。
    -キム・イルドゥ
    -ハ・ホンジン www.haheonjin.com

    sklavent.jpg
    ■Sklaven Tanz 『URBAN RITUAL』(curly sol records)
    韓国ノイズ/アンビエントシーンで活躍するふたりによる実験音楽ユニット、Sklaven Tanz(スクラベンタンツ)のファーストアルバム。収録曲は『Rainwater Pumping Station』60分1曲のみ。都市にあふれる音を収集/再構築した、全く新しい都市音楽。韓国インディーレーベルの極北、Curly Sol Recordsが放つアート作品です。
    -Sklaven Tanz sklaventanz.tumblr.com

    ledeve.jpg
    ■Miju Kim + Mimyo 『Le Devenir』(curly sol records)
    ドローイング作家のキム・ミジュと、韓国エレクトロニカミュージシャンのミミョの共同作業によって生まれた、浮遊感/清涼感が心地よいCDブック。ミミョは東京国際映画祭にも出品されたルー・シェン監督の映画『ここ、よそ』で音楽を担当するなど、国際的な活動を広げています。
    -Miju Kim Maejulove's Blog
    -Mimyo www.myspace.com/demimyo

    ■佐藤行衛 第1集 『愛しい君』(synnara records)
    ■コプチャンチョンゴル 第2集 『Dance with Me』(beatball records)
    雨乃日コンサート#4に出演いただいた韓国在住の日本人ミュージシャン・佐藤行衛さんによる、ビンテージフォークをテーマにしたソロアルバムと、彼が牽引する大韓ロックバンド・コプチャンチョンゴルによる、サイケデリック感あふれる怒涛のセカンドアルバム。
    佐藤行衛 sato yukie home page

    11月後半ソウル展示案内

    当店が関わる内容ではありませんが、11月後半にはソウルでなかなか興味深い展示が行われておりますので、ソウルにお越しの際は、旅行計画に組み込んでいただければ損はないと思います。

    ■11月18日~27日 ホンマタカシ+PAPIER LABO.「our mountain seoul」
    at oval(最寄:弘大入口駅)
    写真作家ホンマタカシさんの作品が、こじんまりとした素敵な空間で展示されます。

    ■11月17日~12月6日 金恵貞(キム・ヘジョン)個人展「Carpel-心皮」
    at yido gallery(最寄:安国駅)
    日本でもファンの多い陶芸作家・金恵貞さんの展示です。作品のもつ凛とした表情に息をのみます。

    ■11月2日~11月30日 「seoul photo festival 2011」
    at ソウル市立美術館

    11月13日 雨乃日コンサート#5 報告

    13日には1周年記念イベントと称し、いつもより多くのアーティストをお呼びして、毎月恒例となったコンサートが開かれました。昼の回(16時)に出演していただいたのが、ド・ギョンマンさんと「アマチュア増幅器のためのアマチュア増幅器」ことハン・バッさん。夜の回(19時)にはバンド「ハチ&エリ」が演奏してくれました。

    amego01.jpg
    最初に登場したド・ギョンマンさんは、ガットギターと素朴な声で淡々と弾き語るシンガーソングライター。派手ではなくともクセのある演奏スタイルと歌詞で、独特な世界を披露してくれます。「モンゴル人」、名曲です。

    amego02.jpg
    amego03.jpg
    次は弘大のインディーシーンで昔から根強い人気を集める「アマチュア増幅器のためのアマチュア増幅器」さん。この日は彼が活動する別のダンス音楽ユニット「Yamagata Tweakster」のカバー曲を多く披露。またド・ギョンマンさんのことを歌った歌や、当店のために「あめがふるー」と怪しげな日本語の曲を歌ってくれました。それにしても毎回すばらしいファッションセンスです。

    amego04.jpg
    amego05.jpg
    夜の回は、日本人ミュージシャンの春日hachi博文さんとパンソリ歌手のエリさんによるユニット「ハチ&エリ」の単独公演。韓国では広く人気を集める彼らの演奏を聴きに、遠方からも多くの観客が訪れました。ウクレレ2つとウッドベースというシンプルな構成なのに、上品でいて太く、そして何よりわくわくするような演奏をじっくり聴かせてくれます。アンコールでハチさんが、ウクレレにディストーションきかせて弦4本とは思えない激しいテクニックを披露し、それにあわせてエリさんがうねるようなパンソリを歌いだした時は、やばいと思いました。

    音楽とあわせて提供されたコーヒーは、二三味さんがロースティングしてくれたエチオピアのイルガチェフ。ハチさんが大のイルガチェフ好きで相談したのですが、ちょうど手に入ったニュークロップのエチオピアが金木犀のように良い香りだということ。お客様にも好評でした。

    今回もノイズミュージシャンのPDHさんのプロデュースのもと、一周年を飾る素敵な一日となりました。ライブの後、彼と今後のラインナップについて相談したのですが、2年目も面白いことになりそうです!

    tencho


    アマチュア増幅器のためのアマチュア増幅器(amature amplifier only for amature amplifier) www.atu4tal.com


    ド・ギョンマン


    ハチ&エリ

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    2011年11月の記事
    →次
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する