文来洞「LOWRISE」出張営業

    去る10月23日(日)、文来洞にあるライブハウス「LOWRISE」にて、出張営業と称しコーヒーを販売させていただきました。

    弘大から地下鉄で4駅の文来洞は、工場(こうじょう)というより工場(こうば)と言うべき建物が密集する、下町の工業地域。近年、ソウル市の斡旋により、人のいない工場がアーティストに安価で貸し出されるようになり、新しいアートの街が形成されつつあります。その一角に、PDHさんを始めとするインディーミュージシャンたちが協力して、つくりあげたライブハウスがこのローライズ。今年の夏にオープンしたばかりですが、今後もおもしろいことがここから生まれるに違いありません。

    LOWRISE

    low01.jpg
    ↑看板も無く、見た目はまさに作業場ですが、2階がライブハウスになっています。

    この日のライブは、当店でも演奏してくれたキム・イルドゥさんとハ・ホンジンさんらが登場。ふたりは雨乃日珈琲店でのライブをきっかけに、スプリットアルバムを制作することになり、この日がお披露目の日だったわけです。お声をかけていただき、私も珈琲屋として参加する流れとなったのですが、音楽は素敵で、珈琲に手を伸ばしてくれるお客様も多く、忙しくも充実した時間を過ごすことができました。

    low02.jpg
    ↑暗闇で珈琲を入れるのは大変でしたが、良い経験でした。今度は、空中や水中や宇宙空間でも珈琲を入れられるように努力したいです。

    キム・イルドゥさんとハ・ホンジンさんのアルバムは、雨乃日珈琲店でも発売中です。機会があれば、ぜひいちど聴いてみてください。

    tencho

    10月9日 雨乃日コンサート#4 報告

    ame401.jpg
    二三味さんの珈琲を飲みながら、PDHさんプロデュースによる韓国の実力派インディーミュージシャンのライブを楽しむイベント、「雨乃日コンサート」の4回目が開催されました。今回登場していただいたのは、激しいフォークミュージシャンおふたり。

    ame402.jpg
    トップバッターは若手では注目株のシンガーソングライター、回基洞 単編選(フェギドン・タンピョンソン)。聴けば聴くほど耳に残る、独特な世界観のあるボーカルスタイルと、ロックスピリットあふれる演奏で、観客を魅了しました。サイケデリック感がたまらないキム・ジョンミのカバーも飛び出しました。

    ame403.jpg
    お次は日本人でありながら、弘大でアンダーグラウンドな活動を繰り広げるミュージシャン、佐藤行衛さん。コプチャンチョンゴルの新曲や、自身のソロアルバム収録曲を熱演しれくれました。個人的には、お店でも時々流れる加川良「教訓I」の、韓国語カバーが嬉しかったです。

    ありそうでなかったミュージシャンふた組によるフォーク対決に、訪れた音楽ファンからも好評。少ないMCで黙々と演奏するタンピョンソンと、曲の合間合間に面白トークが炸裂する佐藤さんを比較し、まるでタンピョンソンが日本人で佐藤さんが韓国人みたい、とレビューする方もいらっしゃいました。

    この日の二三味さんの珈琲は「秋のブレンド」。大人の秋を連想させる深い味とともに、音楽の夜は過ぎていきました。

    回基洞 単編選
    soundcloud.com/danpyunsun


    佐藤行衛
    sato yukie home page


    岩崎晴彦さんの器と金沢桐工芸

    cuptray1.jpg
    cuptray2.jpg

    ご紹介が遅れましたが、当店では7月から、石川県内灘町の陶芸作家・岩崎晴彦さんのカップと、岩本清商店による金沢桐工芸のトレイを販売させていただいております。

    岩崎さんのカップは、生活での使いやすさが重視された、素朴な魅力にあふれる作品。青い磁器の器は当店でも珈琲をお出しするのに使用しています。
    suetukuri

    100年の伝統を誇る岩本清商店のトレイは、美しい焼き肌が魅力です。こちらはプレゼントに買っていかれる方が多い印象です。
    岩本清商店

    【告知】10月9日 雨乃日コンサート#4

    10月9日(日)19時から当店にて、韓国インディーミュージシャンの演奏を聴きながら、二三味さんの美味しいコーヒーを楽しむイベント「雨乃日コンサート」の第4回目が開催されます。出演者は、韓国のインディーシーンで10年以上活動する日本人ミュージシャン・佐藤行衛(さとうゆきえ)さんと、若手アバンギャルドフォークミュージシャン・回基洞 単編選(フェギドン・タンピョンソン)さん。佐藤さんは先日、コプチャンチョンゴルという大韓ロックを鳴らすバンドのアルバムを発表したばかり。おふたりともギター1本の弾き語りスタイルとはいえ、熱いパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

    ソウルにいらっしゃる機会があれば、ふらりと遊びに来てください(入場料10000W、要予約:amenohicoffeeアットマークgmail.comにご連絡ください)。狭い会場のため、ご予約の無い場合、当日の入場が難しい場合もあります。

    関連記事:日本人による大韓ロックバンド「コプチャンチョンゴル」が、12年ぶりにアルバムを発表

    「ノックの帽子展」会場報告

    9月23日から4日間、日本の帽子作家、ノックさんの展示が行われました。素敵な作品が、お店をノックさん色に楽しく飾ってくれました。いつも以上に多くの人が足を運んでくれ、大盛況のイベントとなりました。

    nokku1.jpg
    nokku2.jpg
    nokku3.jpg

    当店を一度も訪れたことのない、通りがかりのお客様が、窓から見えた帽子に一目ぼれされご来店し、若い方には勇気のいる価格だったとはいえ、迷った末にえいっと購入されたのが感動的でした。今頃きっと、大切に被られているのではと思います。

    tencho

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue, 1st&3rd wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    2011年10月の記事
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する