抹茶

    DSC_0797.jpg
    2月下旬には限定メニューとして、日本の抹茶を販売しておりました。写真は韓国でいただいた李朝青磁です。

    tencho

    トットリソウル最終日

    DSC_0765.jpg
    DSC_0766.jpg

    17日間かけて行われた「トットリソウル」展が本日、無事に最終日を迎えました。大因州製紙の和紙の小物や、北条土人形、延興寺窯や中井窯の器などが、韓国の方の手もとに渡りました。

    また、鳥取に対する認知度が思った以上に高く、「砂漠とラクダの街」というビジュアル(若干オーバーではありますが…)が、既に定着しているようでした。

    先日は、イベントと関連したトークショーが別会場であるovalで行われ、グラフの服部さん、ランドスケーププロダクツの中原さん、工作社の本間さん、カフェソースの山根さんによる座談会が開かれました。30~40ほどの座席が満席だったということで、韓国の人たちの、日本のプロダクトに対する関心の高さがうかがえました。

    私たちにとっては、次のイベント開催へのパワーをいただくような、そんな素敵なトークショーでした。

    tencho

    看板

    DSC_0775.jpg


    ようやく看板が完成いたしました。蚤と金槌を使って古い欅の板に刻字をし、貝殻から作られた顔料・胡粉で白い色をつけました。

    雨ざらし故、経年変化が楽しみです。


    DSC_0774.jpg



    staffA



    いただいた贈り物―書籍編

    最近、お客様から本をいただくことが多いので、ご紹介したいと思います。

    こちらは当店近所のセレクト書店、YOURMINDさんからいただいた料理本。様々な作家によるイラスト仕立てです。
    P1060138.jpg
    P1060139.jpg

    お客様が自分で写真を撮り、原稿を書き、デザインしたという、手作りの日本旅行本です。青森編などはマニアックで僕も興味深いです。
    P1060140.jpg
    P1060141.jpg

    その他、週一で訪れてくれる小説家さんから自書(おもしろそう)をもらったり、向かいのライブハウス・パダビさんからインディー文化雑誌をもらったり、お世話になっている保険屋さんから珈琲本をもらったり。気持ちがうれしいです。

    tencho

    トットリソウル

    DSC_0339.jpg
    27日まで当店にて、鳥取のよいものを紹介する「トットリソウル」展が、鳥取県の主催により開催されています。紹介するアイテムは全て、グラフの服部さんとランドスケーププロダクツの中原さんが選んだものであり、こちらでは延興寺窯・山根窯などの焼き物、因州和紙の小物などが展示販売されています。同じく弘大エリアのoval、カフェソースも会場となっています。

    2月26日(土)には同イベントと関連し、服部さんや中原さんらが登場するトークショーがovalで行われます。

    tencho

    1390783349.jpg

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    2011年02月の記事
    →次
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する