執筆原稿のご案内

    毎月第4土曜、北陸中日新聞に連載中の雨乃日珈琲店だより、7月分はこちら(新聞ウェブサイト)でもご覧いただけます。清水が原稿、池多が書を担当しています。

    また、金沢出身の池多がコーディネーターとして関わった、韓国語の旅本『ある日には金沢』が、5月に韓国の書店で発売されました。韓国人エッセイストのイロさんが文、写真家モモミさんが写真を担当し、3人で金沢を歩いてつくりました。
    DDp5ZEVUAAuxxe.jpg

    8月15日に発売される、大阪発ローカルカルチャーマガジン『IN/SECTS』Vol.11にて、清水がお気軽なコラムを書きました(光栄です)。ぜひご覧下さい。
    insects11.jpg

    中くらいの友だち

    私どもも参加している同人雑誌『中くらいの友だち』最新号の5号が6月20日に発売されました。当店はもちろん、全国の書店での購入やお取り寄せが可能です。この雑誌について書いた、北陸中日新聞の連載「雨乃日珈琲店だより」もご覧ください。


    AMAZON

    楽天

    ホラー

    夜の1時ごろ、妻は家で、私は店で作業をしていると、妻からメッセージが。「誰かがドアノブをがちゃちゃする」というのです。何それ怖い。

    急いで家に戻ると、家の前に隣の住人宛の宅配便が。業者が宅配便を間違って持ってきただけということがわかり(深夜便というのがあるそう)、ひとまずほっとしたのですが、それにしても「宅配便です~」とも言わず、いきなりドアを開けようとするのなんなんだ。鍵がかかってたからいいけど、もし開いてしまったら大問題にならないのか……ということが韓国ではよくあります。

    これまで問題にならなかったんだろうなあ。

    髙知子個展「刺繍、形と色」

    金沢にてアトリエ兼ショップ「taffeta」を運営する刺繍作家、髙知子さんの個展が4月、雨乃日珈琲店で行われました。色とりどりの作品に飾られ、まるで当店が金沢のtaffetaになったかのようでした。

    201904T01.jpg

    201904T02.jpg201904T03.jpg

    清潭洞・無二

    mnmnmn01.jpg

    ご縁をいただき、清潭洞にオープンした懐石料理「無二」のロゴを池多亜沙子が揮毫しました。菊乃井で修行された韓国人料理人による、本格的で美しい、日本の料理を堪能できます。
    https://instagram.com/washoku_muni

    mnmnmn02.jpg
    mnmnmn03.jpg

    細部にまでこだわりの詰まった料理を堪能し、数時間で日本を往復してきたような不思議な気分になりました。


    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:00/
    sat-sun 13:00-22:00
    close tue-wed

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    未分類の記事
    →次
    archives
    link
    このブログをリンクに追加する