コロッキン2

     当店の目の前にあった、サイケデリックな唐揚げ屋「パサッ」(詳細はこちらの記事を)。インテリアもメニューもかなりぶっ飛んでいる一方で、話してみると店長のサンボンさんはとても誠実な方で、個人的にも仲良くさせてもらっていました。

     途中なぜか「イシガキ2018」に店名を変え、2013年に西橋洞に移転。その後、何度か移転を繰り返しながら、いつのまにかソウル北部のヨンシンネに新しい店舗をオープンしていたようです。嬉しい知らせに、さっそく足を運んでみました。

    goroking01.jpg
    「ヨンシンネ」駅6番出口から徒歩5分ほどの建物の2階に、そのお店「コロッキン2」はありました。窓から飛び出る手書きのポップが、相変わらずの只ならぬ様子を見せてくれます。

    goroking02.jpg
    階段には「20世紀北欧スタイル居酒屋」とあります。たぶん、絶対に違います。

    goroking03.jpg
    ガラス戸から店内を覗きます。店に入る前から情報量が半端ないのですが……。

    goroking04.jpg
    勇気を出して店内へ。あまりのアートっぷりに言葉を失います。

    goroking05.jpg
    天井にビールの空き箱を吊り下げるインテリアは、「パサッ」の時とそのまま。

    goroking06.jpg
    宇宙、行ったことないですが、きっとこんな感じだと思います。

    goroking07.jpg
    意味が分かりません。頭がクラクラしてきます。

    goroking08.jpg
    店の隅に「変態ゾーン」なる展示物が。

    goroking09.jpg
    インテリア鑑賞でお腹いっぱいになったところで、注文した唐揚げ(メニューは1種類のみで、客は量を選ぶだけ)がやってきました。ひとつは何と「リンゴの唐揚げ」。最初聞いた時はぎょっとしたのですが、これが意外とイケます。付け合わせには食べたことのない味の、やけにさっぱりしたクリームが付いてきました。聞いたところ、独自開発の「とうもろこしクリーム」だそうです。探究心に頭が下がります。

    goroking10.jpg
    サービスで出してくれた一品料理。サザエの上に大きなナスがごろんと載っていました。味も盛り付けもサイケデリックです。ただしドアノブが邪魔です。

     料理も空間も最高すぎる、サンボンさんのお店。料理は日替わりなので何が出るのか全く予想もつきませんが(インテリアも行くたびに違うんだろうなあ)、ソウルの小宇宙を体験しに、ぜひとも訪れてみてください。

     また前の店と同様、小宇宙に興味なさそうな一般のお客さんたちが、何ごとでもないかのように唐揚げをつまんでいたのが相変わらず謎で、うれしくなりました。

    로드뷰 길찾기

    3月営業のお知らせ

    韓国語サイトやSNSの方でもご連絡しておりますが、3月は2日(木)~3月15日(水)の間、お休みをいただいております。16日(木)以降は通常営業となります。

    また、池多亜沙子が3月3日(金)~13日(月)の間、京都の「Kit」及び「茶房 好日居」にて、書展を行います。お時間がありましたら、下記リンクをご参照の上ぜひお越しください。
    http://blog.ikedaasako.com/

    さらに、ソウルの当店にて4月2日(日)の晩、京都のミュージシャン「ベートルズ」さんと、韓国アーティストのライブを予定しております。詳細は後日……。こちらもどうぞよろしくお願いします。

    孔さんの本屋

    2016年も大変お世話になりました! 当店は年末年始も通常通り営業しております!

    さて11月に制作したフリーペーパー『雨乃日通信』ですが、当店の他に、東京・金沢・京都・高知でも配布しておりました。部数が少なく、もうない可能性も大きいのですが、見つけたら恐れず手にとってみてください(無料です)。

    その中に、当店のある東橋洞エリアを地図で紹介する記事があり、コンシチェッパン(孔さんの本屋)という老舗の古本屋についても記載してあります。位置は、当店前の道路を新村方向に進み、突き当りのT字路で向こうに渡ったあたり。厳密には東橋洞ではないのですが、もうすぐなくなってしまうとのことで、どうしても記しておきたかったお店です。

    kscb01.jpg

    1972年に開業した孔さんの本屋が、現在の位置に定着したのは1992年のこと。今年の秋、建物が売却されたことから、いきなり家賃が2倍になり、店を畳まざるを得ない状況になってしまいました。現在は契約期間が終わった状態であり、それでもまだ営業を続けていますが、いつ閉店(移転)してもおかしくない状況です。

    kscb02.jpg

    ソウルにはめったにない長寿の古本屋であることから、市から「ソウル未来遺産」に指定されたこともあったのですが、都市開発問題の前には何の役にも立たなかったそうです。

    kscb04.jpg

    レコード倉庫は大興奮です。写真のような何万円のレコードは流石に購入できず拝むだけですが、機会があればぜひ訪れて、そして何か買ってみてください。

    profile

    雨乃日珈琲店/아메노히커피점

    ソウル市麻浦区東橋洞184-12 101号
    서울시 마포구 동교동 184-12 101
    tel.070-4202-5347
    map
    amenohicoffee.com

    open mon-fri 15:00-22:30/
    sat-sun 13:00-22:30
    close tue

    2010年11月12日にオープンした、日本人が運営する弘大の喫茶店です。このブログでは、日本の皆様にソウルの状況をお伝えします。最新情報や臨時休業日は、韓国語サイトツイッターをご確認くださいませ。

    일본어를 못하시는 분한테 죄송하지만 이 페이지는 일본어로만 적어 있습니다. 최신정보가 나오는 한국어 사이트/트위터가 있으니 링크해주실 때도 이걸로 해주시면 감사합니다.
    blog(korean)
    twitter(korean)

    mail/amenohicoffee(a)gmail.com

    category
    title
    表示中の記事
    →次
    amazon

    archives
    link
    このブログをリンクに追加する